債務整理を個人でする方法〜家族に秘密で » サラ金 » 

自転車操業で借金が重なっていく仕組み

読了までの目安時間:約 2分

借金をしていると自転車操業状態という状態に陥ることがあります。この場合の自転車操業とは、借金を借金で返済している状態ということになります。たとえば、クレジットカードの債務を消費者金融からの借り入れで返済しているといった状況です。

なぜこういった状況になってしまうのかという一番の理由は、返済に対して収入が足りていないからです。なので、たとえば、仕事を辞めてからもカードでの借り入れを続けたりすると自転車操業に陥りやすいです。
カードの借り入れは仕組み上、カードを持っている人なら誰でも可能です。会社を辞めたとか、収入がないということは、利用者がカード会社に伝えないと、カード会社にはわからない仕組みになっているからです。なので、カードを持っていれば無職の人でも借り入れを行えるという仕組みになっているわけです

自転車操業になると、お金を借りられる間はうまく回りますが、必ず債務が利用限度額に達しますので、そこで回らなくなってしまいます。回らなくなるとどうなるのかというと、返済日が次々と訪れて、そのすべてで遅延が発生するということになり、カード自体が無効になって完全に借り入れが出来なくなります。その状態を放置すると貸金業者から督促状が届いて、債務の全額返済を求められることになります。それを放置すると裁判を起こされる可能性もあります。
上記のような状態になると自己破産などの選択肢しかなくなってしまうので、そうなる前に手を打つようにしましょう。

奨学金を債務整理する事は出来る?

読了までの目安時間:約 2分

債務整理は、借金の返済が困難となった場合に用意されている手続きであり、自己破産、任意整理、個人再生等の種類があります。種類ごとに内容は異なっており、現在の状況や借金の性質により適当なものは変わってきます。例えば、経済的に困難な状況にあるものに対しての支援である奨学金に対しては、返済額そのものを減らす内容の債務整理を選択する事が適当です。

奨学金は、高校、大学、専門学校、大学院等に進学を希望している経済的に苦しい状態にある人をサポートする事が目的で用意されている制度であり、低金利で長期的に返済できるというのが特徴です。このために、将来金利をカットするという任意整理の場合は、返済額をそれほど少なくする事は出来ません。

返済額自体を減らす債務整理としては、自己破産が代表的です。破産する代わりに返済する責務を免除されるという内容であり、借金を完全にゼロにする事が出来ます。奨学金も借金の一種であるので、自己破産を行う事により返済しなくても良くなります。

個人再生も借金を大幅に減額できる債務整理の方法です。自己破産の様に、住居や車等の資産価値のある財産を手放す必要はありません。支払い責務から完全に解放されるわけではありませんが、5分の1程度にまで大幅に減らす事が出来ます。

これらの方法のデメリットは、信用情報機関に記録されてしまうという事です。自己破産であれば最長で10年間は、記録が削除される事はありません。現在の状況を改善する事だけではなく、将来の事も考えた上での選択が必要となります。




職場に取り立ての電話が入った時どうしたらいい?

読了までの目安時間:約 2分

消費者金融業者によるカードローンなどを利用することで、手軽にお金の融資を受けることができますが、返済期限までに金利を付けくわえて返済を行う必要があります。
返済期限を守ることができずに滞納していると、自宅や職場に取り立ての電話がかかってくることが考えられます。

職場に対する取り立ての電話がかかってくることはありますが、直接的に職場に訪問することはありません。
法律的に職場を訪れるなどの、債務者の立場が悪化する行動は禁止されています。

消費者金融業者などが債権の回収ができないと判断した場合は、債権回収の会社に依頼を行うことや、裁判による強制執行の流れになります。
放置しておくと手続きが進んでしまって、財産や給料を差し押さえられてしまうことになります。
職場への電話による取り立てを止めさせるためには、弁護士や司法書士などに相談を行います。

法律的な専門家である弁護士や司法書士に相談して、借り入れを行っていた消費者金融業者などに取り立てを止めるように通知してもらうことによって、職場への取り立ての電話を止めさせることができます。
また、借金問題については法律的な手段として債務整理などの方法を行うことで、問題を解決させることも可能です。

自分の財産を保有しながら弁護士などに金融業者へ和解や話し合いをしてもらって、借金の金額を減額してもらう任意整理の方法や、完全に支払いが不能であるときには自己破産をすることで借金の支払い義務を免除してもらうこともできます。

サラ金の債務整理をする時のメリット、デメリット

読了までの目安時間:約 2分

サラ金で借りたお金を返済できなくなったら、債務整理をしましょう。
債務整理をすることによって、返済できなかったお金を完済できるようになります。
完済できるようになる理由は、債務整理をするとサラ金から借りたお金が減額されるからです。
将来支払う利息もカットされるので、毎月返済していた金額も減ります。
その結果、最終的に完済できるようになります。

しかし、サラ金から借りたお金を減らせるメリットがある変わりに、デメリットもあるので覚悟しなければいけません。
デメリットは、債務整理の方法によって異なります。
全ての方法に共通しているデメリットは、ブラックリストに登録されることです。
ですから、債務整理をすると、一定期間サラ金から新たにお金を借りることはできません。
またクレジットカードを作ったり、住宅ローンや自動車ローンを組むこともできません。

任意整理以外の方法で債務整理をすると、官報に名前が掲載されます。
官報に名前が掲載されることで、周囲に債務整理をしたことがバレる可能性があります。
しかし官報は、通常見られるようなことはないので、それほど気にする必要はありません。
またサラ金で借りたお金を減らすときは、財産を没取されると思うかもしれません。

しかし財産が没取されるのは、自己破産をしたときのみです。
任意整理や民事再生でサラ金から借りたお金を減らしたときは、財産を没収されることはありません。
不動産を手放す必要はなりので、安心してください。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報